私の趣味の1つは読書!

で、とっても面白い小説があったので、紹介しておこうかな?と。

その小説は、安萬純一先生の『ポケットに地球儀』。

ポケットに地球儀

ユーモアミステリで、探偵作家アマンシリーズなんです。

ちなみに、ミステリ作家さんはよく自分と同じ名前の登場人物を出します。※私の印象では

なぜ、この作品が気になったのか?

『ミステリーズ!』という名前そのままのミステリ小説雑誌に、探偵作家アマンシリーズの作品が掲載されていて、かなり面白かったので、文庫になっていた安萬先生の作品を手に取りました。

シリアスなミステリも書いていらっしゃるんですけど、私は断然アマンシリーズが好き!

というのも、主人公のアマン先生(推理小説家)と鹿堀さん(担当編集者)の掛け合いが最高なんです!

一言で言うと、アマン先生面倒くさい笑。

細かな疑問や質問に、深い考えしてくれます。

独創的すぎます。

印象的なのは、「こんなミステリは嫌だ」で、アマン先生が答えた「犯人が微生物だった」とか「食べられて1人少ない」とか。

『ミステリーズ!』には、「なぜマンホールは丸いのか?」とか話していました。

こんな感じで、ミステリの醍醐味の謎も考えていくんですが…。

って感じです。

出版社の回し者ではありませんが、興味があったら、読んでみてください!

カテゴリー: お気に入り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お気に入り

iPad用キーボード♪

グフフフフ。 手に入れたぜ。

お気に入り

TOEIC勉強中!

最近私、なにか資格っぽいものがほしいと思い始めました。 どうせなら、実 続きを読む …

お気に入り

とんこつ豆腐スープ

皆さん、『一風堂』行ったことありますか? おいしいですよね。 実はその 続きを読む …